【スキル】パックスクープ






パックスクープは、全身のコーディネーションに刺激を入れる目的で毎回練習の序盤(氷が綺麗なうちに)に取り組んでいます。

この技自体ができればホッケーが上手くなるというわけではありませんが
パックフィーリング(パックとブレードの一体感)を高めることで、ハンドリングの上達や精度につながると考えます。

僕自身はこれらをウォームアップとして一通りこなしてから練習に入るようにしています。
逆にこれをやって感覚を確かめておかないと、手元が狂ってしまいます。


いくつかコツをまとめますと

・スティックは氷に対して水平になるまで下げる

・ブレードでパックを半分被せる

・真下に押し付けて、パックが45°に浮くようにする

・押し付けたまま前後左右に引く


フォアハンド、バックハンド、ブレードのヒール、トウなど様々な技にチャレンジしてください。

遊び感覚で構いませんので継続してみてください。








コメントを残す